2012年06月26日

「熱海こがしまつり・熱海市」の紹介です

「熱海こがしまつり・熱海市」の紹介です

東日本大震災により、被災されました皆様に対しまして心からお見舞いを申し上げますとともに、一日も早く復旧されることをお祈りいたします。
たくさんの人々や団体が救助活動や募金活動など
自分達にできる精一杯のことをしようと動いています。
「これなら私にも出来る。」・・・と思うことがきっとあるはずです。


私が出来ること:観光情報や全国の特産品などを継続して紹介することで大震災復興への小さな支援!
小さな支援でも、たくさん集まることで大きな支援へとつながります。

特に、観光は日本経済にとって重要な産業ですので、出来ることから少しずつ頑張っていきたいと思います。

熱海こがしまつり.JPG

樹齢2000年、周囲20mの国指定天然記念物「大楠」のある来宮神社は、漁業の神・禁酒の神・禁煙の神として有名で、7月15日・16日の例大祭
「こがし祭り」では、「天狗」が撒く「麦こがし」を頭からかぶると無病息災で長生きができるとの言い伝えがあります。
 御神幸の折には、街中の人々が我先に、天狗のこがしを被ろうとする程です。
こがしを被り、無病息災のご加護を受けた街衆は、各町内自慢の木彫り山車、その年流行のキャラクタ−をかたどった装飾山車を勢いよく街に繰り出します。
山車コンク−ルは、町内の山車の装飾・お囃子・行列の優劣を競うお祭りで、当日は多くの観光客も飛び入り参加し、山車巡業のお手伝いをして頂き、街中が熱気にあふれます。なお「こがし」とは、麦粉菓子のことで、麦を炒って粉にしたものです。


≪山車コンク−ル≫
日  時:7月15日(日) 午後6時30分〜9時30分
16日(月) 午後6時30分〜9時00分
会  場:山車巡業/市内全域(網代・多賀・伊豆山・泉は除く)
     審査会場/国道135号線(お宮緑地)
交  通:JR東海道線「熱海駅」より「山車コンク−ル審査会場」まで
     徒歩約15分
≪御神幸行列≫
日  時:7月16日(月)午前9時30分〜午後4時(予定)
内  容:行列は総勢約500名。天狗姿の猿田彦が「もうもう」と言いなが
     ら「麦こがし」を参加者に向かって撒きます。
また、神輿は無病で長生き出来るよう42歳の大厄の男性によって
担がれます。
     行列は神社を出て、街中を通り、熱海海岸を回り神社に戻ります。
交  通:JR伊東線「来宮駅」より徒歩5分
お問い合わせ先:熱海市観光協会  TEL 0557−85−2222
                  http://www.ataminews.gr.jp


海にも山にも恵まれた静岡県は、お薦め観光スポットやおいしい名物がいっぱいのグルメ天国!です。
ネットで「しずおか観光情報」を見ながら、旅行計画の参考にしていただければ幸いです。

もっとご覧になるには こちらから

年間の「しずおか観光情報」をご覧になるには、 こちらから

旅行グルメは、以下の画像をクリックしてご覧下さい。
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
posted by 北から南から at 13:26| Comment(0) | まつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする