2019年07月28日

旅&グルメ「菊まつり・三島市」と こころの風景「夏のSL」

旅&グルメ「菊まつり・三島市」と こころの風景「夏のSL」の紹介です


以下の画像をクリックし・拡大してご覧ください。
H30「菊まつり」 三島市.jpg

駅花 三島市.jpg

三島市.jpg

菊まつり画像・三島市.jpg

菊祭り画像・三島市.jpg

楽寿園 菊まつり 三島市.JPG


 三島駅南口から徒歩1分。緑豊かな市立公園「楽寿園」。明治維新で活躍された小松宮彰仁親王の別邸として造営されたもので、現在では、国の天然記念物及び名勝に指定されており、多くの観光客が訪れます。
 約75,474uの園内には、湧水期には富士山の雪解け水が湧き出す「小浜池」、帝室技芸員の野口幽谷や滝和亭などによる装飾絵画が素晴らしい「楽寿館」、カピバラやアルパカ、マーラなど可愛い小動物のいる「どうぶつ広場」等の施設があり、子供から大人までゆっくり楽しめます。
 毎年、10月30日〜11月30日には「菊まつり」が開催され、菊の散策路の展示や大菊・懸崖(けんがい)菊・盆栽菊などの競技会(東海菊花大会)、愛好家による栽培相談および販売会などが開催され多くのお客様でにぎわいをみせます。
今年は、「令和元年に訪れたい!!皇室・楽寿園ゆかりの寺院『仁和寺』」をテーマに6,000鉢を超える菊で園内を彩ります。
さらに、菊の見ごろに合わせて(11月9日(土)〜17日(日)各日17:00〜21:00)、夜間ライトアップが行われ、夜菊観賞を楽しむことができます。



 期  日 10月30日(水)〜11月30日(土)*期間中休園日なし
 時  間 (10/31(木)まで)9:00〜17:00(最終入園は16:30)
(11/1(金)から) 9:00〜16:30(最終入園は16:00)
 場  所 三島市立公園「楽寿園」
 入 園 料 大人 300円 
   ※夜菊観賞時間中=11/9(土)〜11/17(日)各日17:00〜21:00は、入園料無料
 交  通 東海道本線「三島駅」南口から、徒歩1分。
 お問合せ先 三島市立公園「楽寿園」
       TEL:055-975-2570
http://www.city.mishima.shizuoka.jp/rakujyu/








画像をクリックし・拡大してご覧ください。
真夏7.jpg
注)現在は走っていないSLもありますが、大井川鉄道を疾走したSLたちの姿と懐かしい風景にふれ、昔を思い出し「ひとときのやすらぎ」を感じて頂ければ・・・との願いを込めて掲載しています。








posted by 北から南から at 04:47| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: