2019年07月18日

健康&グルメ「いろどり涼菓NIR30」と植物の効能「メグスリノキ」

健康&グルメ「いろどり涼菓NIR30」と植物の効能「メグスリノキ」の紹介です

空港朝景.JPG
写真は、富士山静岡空港の『朝の風景』です。


 ショップからひとこと

【2019年夏季期間限定販売商品】ゼリー・ソース・ミルクムースを三層に仕立てたトロワジュレ、果肉入りの果実のゼリー、フルーツゼリーと水ようかん。和洋バラエティの詰合わせです。



詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓






健康づくりに欠かせない植物の効能は、以下の画像をクリックしてご覧ください
メグスリノキ.jpg
posted by 北から南から at 16:06| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康&グルメ「天成饅詰合わせ 8個入」と植物の効能「メグスリノキ」

健康&グルメ「天成饅詰合わせ 8個入」と植物の効能「メグスリノキ」の紹介です

空港朝景.JPG
写真は、富士山静岡空港の『朝の風景』です。


 ショップからひとこと

当社中華饅の中でも選び抜かれた素材を使用している天成肉饅・天成餡饅を楽しめるセットです。



詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓






健康づくりに欠かせない植物の効能は、以下の画像をクリックしてご覧ください
メグスリノキ.jpg
posted by 北から南から at 16:03| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅&グルメ「島田髷まつり・島田市」と植物の効能「メグスリノキ」

旅&グルメ「島田髷まつり・島田市」と植物の効能「メグスリノキ」の紹介です

画像をクリックし・拡大してご覧ください。
島田髷まつり 島田市.jpg

島田髷まつり4.jpg

島田髷まつり.jpg

島田髷まつり画像・島田市.jpg


 島田市は、「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」で有名な大井川の川越を控えた島田宿と金谷宿があった町です。その島田市の郊外、野田の「鵜(う)田寺(だじ)」の向かいに「虎御前の墓」が残されています。
 日本髪を代表する「島田髷」は、「曽我物語」の主人公曽我十郎の愛人で島田出身の遊女「虎御前」が創始者と伝えられていて、「島田髷」の型のひとつ「文金高島田」は、現在でも婚礼の髪型として広く継承されています。
 島田髷まつり保存会(静岡県美容業生活衛生同業組合島田支部)では、毎年9月第3日曜日に昭和8年から続く「髷まつり」を催しています。
 当日は、女性約80名が浴衣姿で「高島田」「丸髷」などに髪を結って街を踊りながら進む「島田髷まつり道中」を行い日本髪の美しさを披露したあと、鵜田寺で髷供養感謝祭を行います。
 なお、鵜田寺は、奈良時代の創建といわれ、「野田の薬師さん」「目薬師さん」などと呼ばれ、眼病を治してくれる寺として親しまれています。
 平成25年度(第18回)ふるさとイベント大賞優秀賞を受賞しました。



 日  時  9月15日(日)
       島田髷まつり道中 12時〜14時30分(予定)
       髷供養感謝祭、奉納踊り(鵜田寺)15時25分〜16時30分(予定)
 場  所  本通り周辺(予定)、鵜田寺
 交  通  東海道本線「島田駅」下車。本通りまでは島田駅北口から徒歩約5分。鵜田寺までは、島田駅から「島田市民病院」、または「天徳寺」行きバス約15分、島田市民病院下車 
徒歩2分。
 主  催  島田髷まつり実行委員会
 お問合せ先 島田髷まつり保存会  TEL:0547-35-2981
島田市観光協会    TEL:0547-46-2844



健康づくりに欠かせない植物の効能は、以下の画像をクリックしてご覧ください
メグスリノキ.jpg
posted by 北から南から at 15:19| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅&グルメ「遠州大念仏踊り(蝉しぐれの盆)・磐田市」と 梅雨の風物詩「紫陽花とSL」

旅&グルメ「遠州大念仏踊り(蝉しぐれの盆)・磐田市」と 梅雨の風物詩「紫陽花とSL」の紹介です


以下の画像をクリックし・拡大してご覧ください。
蝉しぐれの盆 磐田市.jpg

磐田市 蝉しぐれの盆.jpg

蝉しぐれ.jpg


 この行事は戦国時代、遠州三方ヶ原合戦に於ける徳川・武田両軍の戦死者を弔うための念仏踊りに由来しています。
 昔から、この地域の初盆の家では、夕方からかがり火を赤々と焚き、遠州大念仏踊りや子ども念仏を庭先にお迎えし、霊を供養します。
 梵鐘・笛・太鼓のリズムが夕闇せまる山里に木霊し、哀愁漂う真夏の夜が始まると、その荘厳な雰囲気に思わず鳥肌が立ちます。
 私たちは、この伝統ある遠州大念仏踊りと子ども念仏を多くの人々に知ってもらい、その文化と伝統を守り、郷土の誇りとしていく考えです。



開催日 8月14日(水)
会 場 豊岡東交流センター(予定)
協力金 500円
受 付 豊岡東交流センター(予定)
    
お問合せ先 豊岡東交流センター  TEL:0539-62-6669






梅雨の季節の花としてイメージされるのは、やはり紫陽花です。
梅雨空のもとでも、明るく鮮やかな彩りでうっとうしい気分を取り払ってくれます。

画像をクリックし・拡大してご覧ください。
あじさい9.jpg
注)現在は走っていないSLもありますが、大井川鉄道を疾走したSLたちの姿と懐かしい風景にふれ、昔を思い出し「ひとときのやすらぎ」を感じて頂ければ・・・との願いを込めて掲載しています。


posted by 北から南から at 15:13| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする