2019年07月04日

健康&グルメ「紫芋大福」と植物の効能「メグスリノキ」

健康&グルメ「紫芋大福」と植物の効能「メグスリノキ」の紹介です

IMG_6364.JPG
写真は、この時期にはあまり見ることが出来ない『夏の富士山』です。


 ショップからひとこと

ふんわり仕上げた紫芋の餡を、もっちりとよく伸びる大福皮の中にたっぷりと入れました。甘さを控え、上質なお芋の味を最大限生かすことにこだわりました。



詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓






健康づくりに欠かせない植物の効能は、以下の画像をクリックしてご覧ください
メグスリノキ.jpg
posted by 北から南から at 14:59| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康&グルメ「ずんだん大福」と植物の効能「メグスリノキ」

健康&グルメ「ずんだん大福」と植物の効能「メグスリノキ」の紹介です

IMG_6364.JPG
写真は、この時期にはあまり見ることが出来ない『夏の富士山』です。


 ショップからひとこと

厳選された枝豆を荒挽きにして、つぶつぶ感を残し風味豊かなずんだに仕上げました。
そして餅米(ひめのもち)を主原料として素材にもこだわっています。



詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓






健康づくりに欠かせない植物の効能は、以下の画像をクリックしてご覧ください
メグスリノキ.jpg
posted by 北から南から at 14:56| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康&グルメ「いちご大福」と植物の効能「メグスリノキ」

健康&グルメ「いちご大福」と植物の効能「メグスリノキ」の紹介です

IMG_6364.JPG
写真は、この時期にはあまり見ることが出来ない『夏の富士山』です。


 ショップからひとこと

京都全域で1番売れている「与楽のいちご大福」の原材料は、
最高級の『豆』を絶妙な配合でブレンドしてから豆を炊き、それを最高級の『砂糖』で炊くことにより、後味の良いあっさりとした『白あん』に仕上げています。
「苺」は、Lサイズで品質ランクは最高位の『秀』のみを使うことで『高級いちご』の美味しさも感じていただけるようにしています。そして、その上から柔らかい(もち米も、最高級で特定地域限定の)羽二重餅で包みました。



詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓






健康づくりに欠かせない植物の効能は、以下の画像をクリックしてご覧ください
メグスリノキ.jpg
posted by 北から南から at 14:48| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康&グルメ「モロゾフ 白いチーズケーキ」と植物の効能「メグスリノキ」

健康&グルメ「モロゾフ 白いチーズケーキ」と植物の効能「メグスリノキ」の紹介です

IMG_1066.JPG
写真は、伊豆に移住するまで住んでいた『西横浜の商店街』です。


 ショップからひとこと

コクのあるクリームチーズで仕立てた濃厚な白いチーズケーキと、ひんやり冷やしたフルーツソースの甘酸っぱさが絶妙にマッチ。
チーズケーキにこだわり続けるモロゾフならではの気品あるおいしさです。



詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓






健康づくりに欠かせない植物の効能は、以下の画像をクリックしてご覧ください
メグスリノキ.jpg
posted by 北から南から at 11:19| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康&グルメ「モロゾフ 北海道スイーツセット」と植物の効能「メグスリノキ」

健康&グルメ「モロゾフ 北海道スイーツセット」と植物の効能「メグスリノキ」の紹介です

IMG_1066.JPG
写真は、伊豆に移住するまで住んでいた『西横浜の商店街』です。


 ショップからひとこと

■北の国の生まれたてクリームチーズケーキ
北海道内の牧場で飼育されている乳牛から採れた生乳を使用した国産クリームチーズを用いて、
よりしっとり、なめらかでミルキーな味わいに仕上げました。
クリームチーズのおいしさを引き立てる、レモンのすっきりとした味わいが全体をひきしめます。

■ふわふわ小雪のチーズスフレ
北海道内の牧場で飼育されている乳牛から採れた生乳を使用した国産クリームチーズ、
発酵バター、生クリーム、ビート糖を用いて、ミルキーで濃厚な味わいと、ふわふわしっとりの食感を両立させました。
ほのかに香る白ぶどうジュースが、爽やかなあと味を演出します。
北の大地の初雪のようなラフティースノーに「北海道スイーツ工場」のロゴが浮かび上がります。

■ほっかいどうのしろいぷりん
北海道産甜菜から作る高純度の白砂糖(ビート糖)を使って低温で焚き上げたほろ苦い手作りカラメル、コクのあるカスタードプリン、手炊きカラメルの風味を活かしたカラメルゼリー、ふわふわの生クリームが重なり合って生まれる、まろやかで贅沢な味わいをお楽しみください。



詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓






健康づくりに欠かせない植物の効能は、以下の画像をクリックしてご覧ください
メグスリノキ.jpg
posted by 北から南から at 11:11| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康&グルメ「モロゾフ フルーツ オブ フルーツ」と植物の効能「メグスリノキ」

健康&グルメ「モロゾフ フルーツ オブ フルーツ」と植物の効能「メグスリノキ」の紹介です

IMG_1066.JPG
写真は、伊豆に移住するまで住んでいた『西横浜の商店街』です。


 ショップからひとこと

ふるふるとした繊細なフルーツゼリーの中に、シロップ漬けの果実を贅沢に閉じ込めました。
ゼリーを引き立てるガラス容器は、そのまま冷やしておもてなしのテーブルへ。
白桃、りんご、甘夏、ピオーネ、ラ・フランス、さくらんぼの6品種の味わいが楽しめます。



詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓






健康づくりに欠かせない植物の効能は、以下の画像をクリックしてご覧ください
メグスリノキ.jpg
posted by 北から南から at 10:16| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康&グルメ「モロゾフ 凍らせてシャーベット」と植物の効能「メグスリノキ」

健康&グルメ「モロゾフ 凍らせてシャーベット」と植物の効能「メグスリノキ」の紹介です

IMG_1066.JPG
写真は、伊豆に移住するまで住んでいた『西横浜の商店街』です。


 ショップからひとこと

凍らせてからスプーンでかきまぜると、ふんわり食感のシャーベットが楽しめます。
繊細でなめらかな口どけとともに、爽快感あふれるフルーティな味と香りが広がります。
目にも涼やかなシャーベットカラーは、盛夏のおもてなしにぴったりです。



詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓






健康づくりに欠かせない植物の効能は、以下の画像をクリックしてご覧ください
メグスリノキ.jpg
posted by 北から南から at 10:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅&グルメ「湖面に映える逆さ富士・富士宮市」と こころの風景「夏のSL」

旅&グルメ「湖面に映える逆さ富士・富士宮市」と こころの風景「夏のSL」の紹介です


以下の画像をクリックし・拡大してご覧ください。
逆さ富士 富士宮市.jpg

ダイヤモンド富士 富士宮市.jpg

富士宮市 逆さ富士.jpg

田貫湖画像・富士宮市.jpg

ダイヤモンド富士 富士宮市7月号 (1).jpg


 田貫湖は標高660メートルの高原にある周囲約3、3キロの美しい湖です。
 湖面に映る逆さ富士が有名で、風がなく波がたたないときに見ることができます。
 また、4月20日と8月20日前後の一週間位の間には富士山頂から太陽が昇るダイヤモンド富士が見られます。キャンプ場として知られており、湖上ではボート遊び、岸ではヘラブナ釣りを楽しむ人で賑わいます。湖の周囲は遊歩道にもなっていますので、散策やレンタル自転車に乗り、一周しながら景色を楽しむこともできます。



★周辺スポット 田貫湖ふれあい自然塾・天子の森キャンプ場・朝霧高原・小田貫湿原
住 所 静岡県富士宮市佐折
交 通 JR「富士宮駅」より富士急静岡バス休暇村富士行きで45分
バス停「田貫湖キャンプ場」下車 徒歩1分
お車では、新東名「新富士IC」から国道139号経由で45分、東名高速「富士IC」から同じく国道139号経由で50分
お問合せ先 富士宮市観光協会 tel 0544-27-5240
http://www.fujinomiya.gr.jp
田貫湖キャンプ場 http://tanukiko.com








画像をクリックし・拡大してご覧ください。
真夏4.jpg
注)現在は走っていないSLもありますが、大井川鉄道を疾走したSLたちの姿と懐かしい風景にふれ、昔を思い出し「ひとときのやすらぎ」を感じて頂ければ・・・との願いを込めて掲載しています。








posted by 北から南から at 09:02| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする